JR広島駅より連結通路を徒歩3分/施設内駐車場あり

更年期障害

更年期障害って何だろう?

更年期というのは、45歳から55歳ぐらいの閉経をそろそろ迎える年齢から、完全に閉経する期間を言います。
更年期には、さまざまな症状が身体・精神的にあらわれることが多く、中には日常生活を送る事さえも、困難な状況になってしまう方もいます。
このような症状を更年期障害と呼びます。
更年期障害の症状は、本人でさえ更年期障害が原因であると、確定する・理解するまで時間がかかる事もあります。
さらに周囲の方から理解を得ることが難しい事が多いため、更年期障害に苦しむ方にとっては、とてもつらいことになります。まずは一度、病院で診てもらいましょう。

更年期症状のいろいろ

更年期は生理不順から始まることが多く、それに伴い下記の症状があります。

  1. ホットフラッシュ(ほてり・発汗・のぼせ)
  2. 動悸、関節痛(肩こり、腰痛)
  3. しびれ、手足の冷え
  4. イライラ、不安感、不眠など
また更年期にうつ症状を呈することもあります。
女性ホルモンの減少で腟の粘膜が弱くなり、出血や腟炎も起こしやすくなります。更年期の症状は多種多様のため、中には別の病気が隠れていることもあります。
似たような症状は甲状腺の病気、うつ病、糖尿病などでも起こります。
また症状がなくても女性ホルモンの減少により、動脈硬化が進みやすくなり、骨がもろくなり易くなります。これらの症状でお悩みの方、更年期が心配な方はぜひご相談ください。

更年期の治療

ホットフラッシュが主な症状である場合は女性ホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)が効果的です。
HRTには飲み薬や貼り薬、塗り薬があります。
治療開始時の生理の有無で生理を今まで通り定期的におこす方法と生理を起こさない方法があります。
治療効果はどちらも同様ですので、患者様に選んでいただくことができます。

HRT以外には、漢方によって更年期症状を緩和することができます。
冷えや動悸、イライラなどの精神症状が強い女性には漢方の方が効くこともあります。
またHRTが合わなかったり、ホルモン治療によって悪化する可能性のある病気をお持ちの方、もしくは過去にされたことのある方でも漢方を使用することができます。
そのほか、プラセンタやサプリメントなどの治療もあります。

>エコー検査の画像をリアルタイムで見る事が可能

エコー検査の画像をリアルタイムで見る事が可能

当院ではエコー検査のリアルタイム画像を対面のモニターに映すことで、患者さんにも検査内容をご理解いただけるよう努めています。医師の説明を聞きながら直接画像を確認していただけます。ご不明な点があれば、お気軽に医師にご質問ください。

CTR IMG