JR広島駅より連結通路を徒歩3分/施設内駐車場あり

子宮頸がん(HPV)とは

子宮頸がんについて

子宮頸がんとは、子宮の入り口(頸部)にできるがんです。
日本では年間約2,900人の女性が子宮頸がんで亡くなっています。
発症タイミングは20代後半から40歳前後が多いのが特徴で、子育て世代の母親が家族を残して亡くなるケースが多いことから「マザーキラー」とも呼ばれています。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんの殆どはヒトパピローマウイルスというウイルスの感染が原因となって発症することが解明されています。
ヒトパピローマウイルスは主に性交渉で感染し、女性の多くが一生に一度は感染するといわれています。感染しても大部分は自然に排除されますが、まれに持続的に感染することがあり、5年から10年以上を経て一部ががんの発症につながります。
予防方法
ヒトパピローマウイルスには100種類以上の型が存在しますが、全てががんの原因となるわけではありません。現在使用されているワクチンは、子宮頸がんの原因の6、7割程度を占めているとされる、2種類又は4種類の型に対して感染を予防する効果があります。

>エコー検査の画像をリアルタイムで見る事が可能

エコー検査の画像をリアルタイムで見る事が可能

当院ではエコー検査のリアルタイム画像を対面のモニターに映すことで、患者さんにも検査内容をご理解いただけるよう努めています。医師の説明を聞きながら直接画像を確認していただけます。ご不明な点があれば、お気軽に医師にご質問ください。

CTR IMG